「自分」を大切にしてる?他者を大切にする前に「自分」を大切にしよう。

代替テキスト

こんにちは!ぶっきー(@c5takuya)です!

 

僕は、高校生のとき不登校でした。

自分は、人間関係が原因で不登校になったのですが、今思えば、人のことを大事にしすぎて、自分のことを大切にできていなかったなぁと思います。

 

今回は、そのときの自分みたいな人や、今人との関わり方で苦しさを抱えている人に向けて、「自分を大切にすること」について書いてみようと思います。

 

自分を大切にすることは「わがまま」じゃない

不登校の当時は、自分の意見を言うことは「わがまま」だと思っていました。

「わがまま」ではいけないと思っていたので、人に何か言われても我慢するようにしていました。

我慢すれば、人を否定せずにすむと思っていたからです。

 

しかし、僕が不登校になったのは、我慢して相手に伝えなかったことでいじりがエスカレートしていったからでした。

 

不登校当時の様子

高校生のときって、

  • コミュニケーション能力
  • 運動神経
  • 学力

 

が大きな価値としてあったと思います。自分はそのどれもに自信が持てずにいました。

コミュニケーション能力は、基本的にクラスの隅で大人しいグループにいる地味なタイプだし、運動神経は、テニスはある程度できるけど、他は苦手意識が強かったです。

学力に関しては、高校受験の成功体験からギリギリで始めたら大丈夫やろと思ってしていませんでした。

 

いじられキャラ

そういう状態だったので、クラスメイトからは「いじられキャラ」としてからかわれていました。

冗談に変えてくれるのは楽しいときもありましたが、自分が気づかないうちに自分の心の器は傷ついていきました。

 

不登校になる前は、いじりもエスカレートし、あいさつ代わりに「カス」「おもんない」と言われる毎日が続きました。

 

球技大会で野球をする際、自分がバッターに入るとき「お前には期待していないから」と言われたことも今でも覚えているし、今でもすごく辛い気持ちになります。

 

 

逃げたい、隠れたい。

素直にそういう環境から逃げたいと思いました。

恥ずかしい自分を隠したいと思いました。

もともと弟が不登校だったということもあり、自分にとって不登校になるという選択肢は珍しいものではありませんでした。

 

今でも、親に「これからは受験勉強のために学校に行かず、塾に行く」と嘘をついた朝のこと、

不登校になったことを心配してメールしてくれた友達に「お前たちが嫌いだ」と返信したことを覚えています。

 

自分の場合一般的に言われる大きないじめはなかったですが、小さないじりが積み重なり、回復不可能なほどに傷ついていました。

 

他者を大切にする前に「自分」を大切に

 

もし、過去の自分にアドバイスできるならこう伝えたいと思います。

 

『自分』を大切にしていい。」

 

そのやり方はなんでもいいと思います。

  • 「嫌だ」「やめてほしい」とはっきり伝えてみること
  • 先生、家族、友達に助けを求めること
  • 学校に行くのをやめること
  • 他の興味ある環境に行ってみること
  • 自分がやりたいことをすること

 

自分を大切にすることは、人によって違うと思います。

自分を大切にしてくれないと感じていることから、自分を守ってもいいし、自分がやってみたいことをやる時間をとってもいいです。

今の自分にとって、「嫌だ」ということをはっきり伝えることが自分を大切にすることになる人もいれば、それはハードルが高すぎる人もいると思います。

なので、自分ができそうなことを探してみてほしいと思います。

 

「自分」を大切にする感覚は、自分にしかわからない。

 

なぜ、上のようなメッセージを送りたいかというと、「自分」を大切にする感覚は、自分にしかわからないからです。

 

「自分はこんなに傷ついているのになんで気づいてくれないんだろう?」と思うことがよくありました。

 

しかし、今思うことは人の感覚なんてわかるものではないということです。相手が今なにを感じているのかは、予想することしかできません。

ある出来事が嬉しいことなのか、嫌なことなのかは、その本人しか感じ取ることはできません。

 

だから、まずは自分で自分を大切にしてあげることができるということが大切なのだと思います。

 

まとめ

自分を大切にする感覚は自分にしかわかりません。

僕は、今お世話になっている学校で「自分を大切にする」という考え方と出会いました。

 

そのとき、今まで人を大切にすることはたくさん教えてもらってきたけど、「自分を大切にする」こととはほとんど向き合ってこなかったなと思いました。

 

 

 

 

あなたにとって自分を大切にするということはどんなことですか?」

 

 

この問いは、どの人も一度しっかりと向き合ってほしい問いだと僕は思っています。

僕にとって自分を大切にすることは、友達や彼女と話すことや、教育の本を読むなど好きなことに没頭しているときです!

是非、自分を大切にすることってどんなことだろうと考えてみてください。

 

また、教育関係の人は、是非こどもたちに「自分を大切にしていいんだよ」と伝えてあげてください。

 

もし、今自分を大切にできていないなぁと感じている人は、僕でよければ話を聞くので、いつでも連絡してきてくださいね。

ぶっきー(@c5takuya)

https://letterpot.otogimachi.jp/users/8157

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください